比較することをやめて劣等感を克服

劣等感と戦え!

自分が劣っていると勘違いしがちな人が変わるために

劣等感と戦うために必要なことは?

劣等感と正しい向き合い方、正しい克服の仕方をするために当Webサイトは劣等感に関して様々なことを取り上げています。ご質問のある方は下記までご連絡ください。【お問い合わせメールフォーム】

category

他人と比較するのをやめよう

劣等感を克服する方法はまず第一に自信をつけるということもありますが、実際に自信をつけたところで人と比べてあらゆる面ですべて上回っている人などいません。そのため劣等感を克服するのであれば他人と比較をすることをやめることは大切です。他人と優劣を比べてしまうとどうしても自分が劣等感を覚えない箇所というのはありません。劣等感を克服するために自分と他人を比較してしまうことが癖になっている性格を直してみましょう。

他人と比較するのをやめよう

自分は他人ではない

自分が他人になれることはありませんし、その逆に他人は自分になることはできません。つまりどちらもなりたくてもなれないものであるということを理解しましょう。憧れている人がいるかもしれませんが、その憧れている人も持っていないものが自分にはあります。このようなことを考えれば際限なくその人が持っているもの、自分にしかないものが出てきますので結局他人と比べることはただの徒労でしかないはずです。自分は自分であるとある種開き直ってみることも克服する1つの手段です。

目標として見る

比較することが癖になってしまい劣等感を感じやすい人は、ただ比較するだけで終わってしまい目標とすることができていないことが多いです。仕事では営業成績の数字であったり、学校ではテストの点数といった、目に見える比較しやすいものは単純に目標にするのも良い手です。
優しさといった抽象的なものは目標にするのは難しいですが、数字などの目に見えるものは差を縮めることができます。比較対象を目標として自分が努力をすることができれば、それは劣等感ではなく成長するためのモチベーションと呼ぶこともできます。自分と比べて高い点数を取れる人に近づけるように、現在の自分とその目標との差をしっかりと認識して、自分をそこまで高められるように改善していくことができれば劣等感を克服していると言えるはずです。

比較は無意味なもの

目に見えて改善することができるものは目標とすることができますし、もちろん営業成績は良いほうが会社にとっては良いことですし、テストの点数も進学先を決める参考にすることには役に立つものです。しかし性格やスタイルなどは正直どちらが良いかと言われれば根拠がありませんので、比較しても無意味なものと考えましょう。
性格が良いといっても誰にとって性格が良いのかというのはわかりません。ある人は性格が良いと言うかもしれませんが、ある人から見ると性格が良くないということがあります。このように考えても答えの出て来ないことに劣等感を感じる必要はありませんし、そもそも比較対象がないのですから劣っていると決めることはできないということを理解しましょう。

劣等感を克服したい方におすすめ!