劣等感を克服するためには自己肯定感を高める

劣等感と戦え!

自分が劣っていると勘違いしがちな人が変わるために

劣等感と戦うために必要なことは?

劣等感と正しい向き合い方、正しい克服の仕方をするために当Webサイトは劣等感に関して様々なことを取り上げています。ご質問のある方は下記までご連絡ください。【お問い合わせメールフォーム】

category

自己肯定感を高めよう

劣等感を克服する方法として自己肯定感を高める方法があります。自己肯定感は自分への評価のことで、自分をどれだけ肯定的に捉えているか、または否定的に捉えているかの評価になります。劣等感は自分を劣っていると思ってしまうために生じるものなので、自己肯定感が高まることで劣等感を感じにくくすることができます。この自己肯定感を高める方法をご紹介します。

自己肯定感を高めよう

3つのステップ

自己肯定感を高めるためにはまず自分はどんなことによって自分を否定的に評価しているのかを知りましょう。そのために自分が何をもって自分をダメだと思っているかを書き出していきます。その際に頭に、私は、僕はといった一人称をつけて書いていきます。これによってまずは自分を否定している部分に気づくことができます。
自分が否定している箇所に気づくことができたら次のステップは受け入れることです。書き出したことに今度は「今は」という言葉をつけてみましょう。例えば「私は仕事ができない」と書いている場合は「私は今は仕事ができない」とつけます。これで現在はできていないだけですので、自分がダメだと思うことに対して受け入れやすくなります。
最後に3つ目のステップとしてこのダメなことに挑戦する許可を与えます。書き出した言葉を「〜できない」ではなく「〜してもいい」という表現に変更します。こうして表現を変更することによって「私は仕事をできるようになってもいい」という表現になります。こうして自分が成長するために挑戦する許可を与えられます。

ポジティブに変える

自己肯定感を高めるためにはポジティブに捉えることはとても大切です。自分では怒りっぽいのが嫌だと感じている人もいるかもしれませんが、ポジティブに捉えるならば情熱的であると言えます。こうしてネガティブに捉えてしまっている自分の特徴をすべてポジティブな言い回しにして褒めていきましょう。こうすることで変わらなきゃいけないと思っていた部分も、このままで良いと思えるようになり自己肯定感が高まります。

目標を達成していく

自己肯定感が高い人は自信がありますが、この自信はもともと持っているものではありません。自分で掲げた目標を1つ1つ達成していったことなど、過去の経験が自信になっています。そのため自分で低い目標を掲げて1つずつ達成してみましょう。低い目標でも達成して積み上げていくことで徐々に大きな自信となり自己肯定感を高めてくれます。

劣等感を克服したい方におすすめ!